2017 09 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2017 11

ブルベ BRM605埼玉600 アタック会津

ブルベ、BRM605アタック会津600をやってきました。9時スタートだったんですが、参加している人間模様、ブルベネタ(けっこうおもろいです)、機材などを見聞きするので7時半前には神根運動場に到着、自走で30分かかりまへん、神根運動場はブルベスタート地点としては最適なところでございます。

今回直前でルートの変更があり、会津田島から会津川口に向かう400号線で崖崩れ、400号線は途中通行止め、401号線を右折、32号線を左折して252号線に出るという迂回ルートになったんですわ。崖崩れは先月なんだとか、試走の時はそういう事はなかったようですわ、ブルベ中にでっかい石っこで漬け物にはなりとうないし、よかったのかもしれん。ここらは夜(真っ暗闇)の通行なのでなるべく真ん中を走りました。

img-3.jpg

8時スタートを見送り、キョロキョロしたのですが知ったお顔が少なかったです(ブルベ1年生のせいもある)、そんな中、知り合いの埼玉ブルベスタッフのある方が体調不良で参加できず、それで受付をされていたのだろうが、体調不良を加味してもブルベ中の顔と別人なんですわ、夢中になれるものをやっとる時っちゅうのはいい顔をしとるようです。

スタート時はくもりでロングライドには上々のお天気です、例幣使街道、金崎駅まではいつもの道(今年5回目)なので気楽でございます。初めての600キロなので前半からヘロっちゃいかんと思いリミッターをかけていきました。最初のPC1(東山田)に11時15分到着(58.8km、2時間15分)

例幣使街道、御成橋西から左にそれる国道で日光をめざします。上り基調で、川の堰が滝っぽく見えてきれいだったのが印象に残るくらい(写真撮るのを忘れた)、上りもゆっくりいったので大丈夫でした、PC2(高徳)に15時22分到着(83.4Km、4時間7分)

前回はヘロって何も食べられないという状態に陥ったので、今回はなるべくヘロらないように、ヘロっても何かを食べるようにしようと誓ったのであった。まだヘロッてないので、みそ汁の中におにぎりをいれて(誰かがブルベ汁と言っていた)食べました。コーヒーゼリーとかプリンとかは各PCで食べましたです、このブツはヘロっても食べられます。

img-4.jpg

PC2を出て山王トンネルまで長い上りでございます、上りといってもそんなにきつくないようです。なんとなればおいら定番の反則技(押し)がでないからでございます。たぶん10%以下なのだと思いますわ、10%を超えると10%探知機のおいらの足が警報を発令します^^。

img-5.jpg

五十里湖(いかりこ)は絶景でございましたよ、上りに集中しているおいらが写真を撮ったくらいですから。山王トンネルを過ぎるといままでのうっぷんをはらすかのように一気にくだりました。PC3(会津田島)に18時53分到着(59.3Km、3時間31分)

会津田島は日が落ちたせいもあるのかやや寒かったですウィンドブレーカーを着たのみだったのだが、冬用のジャージを持ってたのでそれに着替えばよかったです。荷物の関係上、カッパとウィンドブレーカー両用にできるのがいいと思った。

PC4に向かって真っ暗闇の山の中を走ります。真っ暗だと10%以上もいけちゃうっちゅうのがおもろいですね、坂をみると心拍が上がりリミッターがかかるおいらですから闇の方がいいのかも。途中地図確認のため何回か休みましたがこの区間も押しが入りませんでした。足を着いて眼鏡を外し、じっくりとナビを見ていたときにハンドル下に白いものが通り過ぎたのにはびっくりです、蛾だったのかな?もっと大きいと感じたんだが、寒いのにさらに寒くなりました。GPSの軌跡をみるとミスコースをして5キロくらいよけいに走っとるようです。PC4(会津坂下)に23時47分到着(59.8km、4時間54分)

道路情報では郡山方面は雨、憂鬱になりましたわ、PC4からPC5の区間はメチャ寒かったです、こんなに凍えて走った記憶がないなあ。真夜中の猪苗代湖もただでも寒いのに、湖畔からいろいろな音が聞こえてきて寒さが募ります。アップダウンのコースで下りでも辛い事があるを思い知らされました。磐梯熱海近くの熱海バイパストンネル内は温かいこと、温泉のせいであったかいんでないかと誰か言ってましたわ。ここらは雨が降った形跡ありで、霧がたちこめて視界がひどい。PC5(郡山)に3時18分到着(62.6Km、3時間21分)

PC5には誰もいません、不安になったので店名を尋ねると大丈夫、皆、健康センター(仮眠所)に行ったのかも。風呂に入って、居心地がよい状態で寝てしまったらどうなるかわからんので、仮眠しないことを最初から決めておったのです。次のPC6までの区間はメインディシュの鳳坂峠があり、白石峠よりきついと言われてましたので、ここをやっつけないで寝るわけにはいかんと思ってました。普通に上れる人は問題ないが、反則技の時間を考慮しないとね。

PC5で食べていたところ隣に、「鳳坂峠で時間を食うかもしれんのでこのままいく」と、おいらと同じ考えの人がおったです、飯を食べ終わるとあたりが白んできました、相変わらず霧は濃いですが。隣の人が「出発するけど一緒にいくかい」といわれたので、とりあえず鳳坂峠までということで同行した次第。この方とは考えていることが似ておるようです、おいらが「足も強くなりそうもないので、後ろを29にして34~29で反則しようと思っているんだ」と言ったら、「俺はもっと反則だぞ、後は27だけど前は27(もっと小さい数字だったかも、トリプル)だよ」と言ってました。

img.jpg

img-1.jpg

鳳坂峠手前で霧が晴れ、ピーカン状態になったので同行者には先に行ってもらい、薄着に着替え、マイペースで鳳坂峠へ、29の威力は実感したな、おいらみたいな貧脚は十数パーセントの坂を上れることがうれしいのよね、スピードは二の次でございます。結局押しは入ったんですが、わずかですし、ヘロってません。 PC6(会津田島)に9時2分到着(82.4Km、5時間44分)

img-2.jpg

ここから先は元来た道を帰るだけです、激坂もないし、居眠り運転で事故のないようにゴールするだけです。PC7(高徳)に12時37分到着(59.3Km、3時間35分)

この頃になると動いているものを瞬時に目で追えなくなります、気がつくと片目をつぶっています、夜になって目にライトが入るとよけいおかしくなります。なるべく視線を遠くにやるのがいいみたい。PC7では満腹状態になると睡魔が襲ってくるじゃないかと思いアイスクリームとコーヒーゼリー、これがやばかったガス欠寸前、道の駅思川で豚汁とカレーのセット、車を店にしとるところで食べました。こういうもんが食べられるっちゅうのはヘロっていない証拠ですなあ。 PC8(東山田)に17時11分到着(83.4Km、4時間34分)

PC8からゴールまでは足の合う人と一緒に帰りました、しゃべりながらでしたので睡魔は来なかったです。ゴールしてから家に帰る途中、低速ではあるのですが、電柱に激突しそうになり右上腕部をクッションにしました、自転車はぶつかってないようです。20時27分にゴールです(58.8Km、3時間16分)

ブルベ走行時間 35時間27分 総走行距離 633キロ 累積標高4220メートル
.07 2010 ブルベ comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://houjutu.blog27.fc2.com/tb.php/32-9d4929e1

プロフィール

ほう

Author:ほう
 天気が良ければ毎日早朝(土日を除いて)、荒川河口まで走って練習してます。ゆっくり往復80キロくらい、スピードでません。ツーリングなどご一緒してください。朝7時頃、荒川右岸河口でパンを食べているヤツがいましたら、それは私です。最近は河口までいかず、7時頃荒川ロックゲートを通過し清洲橋通り亀高橋近くの友人の事務所でコーヒーを飲んで仕事場に戻ります。
 2010年からブルベに参加し、2010年はSRを取得しました、主にオダックス埼玉で走っています、自走でスタート地点まで行きますので他県だと大変です^^。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR